ないものねだり

歓びも悲しみも忘れてしまわぬ様に

久しぶりにブログを更新します。















途中まで書きかけた記事が2,3ヶ月毎に5つも残ってました。この記事が非公開6つ目の記事にならないようにちょっと気合い入れて書きます。



7月30日、一昨日ですね。渋谷の乙でピラモールに加入してから20と何回目かのライブがありました。

乙の14周年企画Tokyo Pulse五日目。「トーキョープラス!」ってMCで言ったんですけど、ステージを降りてからアマアシのりゅーさんに「すっごい自信満々に間違えてたよね。パルスだよ。笑」と指摘を受けました。

wikipedia先生
ーパルス(Pulse)は、短時間に急峻な変化をする信号の総称。また、脈動の意。

渋谷クラブ乙14周年企画、Tokyo Pulse五日目!って噛まないようにちょっと練習したのに!そもそも読み方間違えてるとか、もうね、やめて下さい。すみませんでした。ごめんなさい。恥ずかしいわ。










40分のロングステージ、初めてでした。企画の時でも35分だったかな?全部で8曲演奏したんですけどライブであんなに汗かいたのは今までないと思います。

正直な話、もっと良いライブができたなーと。せっかくのタイミングだったから本当に悔しい。MCもバンドが任せてくれてるのにロクな事を話せませんでした。当日居たお客さんも見るかもしれない所にこういう事を書くのはどうかとも思ったんですけど、ちょっと書かせて下さい。

もちろんいいライブでしたって言われるのはめちゃくちゃ嬉しいし、ありがたいです。それを素直に喜べないというか、笑顔で話し掛けてくれる人に心の底からの笑顔で返せないのが嫌だ。こっちから自信を持って「今日のライブ良かったでしょ!」って言えるくらいがいい。別に意識が高いとかそういう話じゃないです。その日のステージを気持ち良く終えたいっていう話。この日はその豆腐メンタル具合がかなり出た。ステージ降りて、機材運んで、すぐ切り替えられるといいんですけどね。お客さんや対バンの人からいい言葉をもらってなんとか平常時ぐらいまで戻ってこれました。そこは本当に救われてるなと思います。帰り際に「ありがとうございました!」とか言ってくれる人も居るんやけどそれはこっちの台詞です。お客さんがいないと続かないのがバンドだ。

終演後、バータイムに話してた一人のお客さんに浅野さんのファンです!って言われたのがすごく励みになった。ベースの音だろうが弾き方だろうが立ち振る舞いだろうが見た目だろうが、何がその人の琴線に触れたのかは分からないけど一人でもそういう人がいると次も頑張れる。単純ですね。おかげさまでピラモールにも常連というか顧客というかよく来てくれるお客さんが少しづつ増えてきたんやけど、自分について触れてくれる人がいるのはとっても嬉しい事です。



Vapourをやる前に雄真が「暗い事を話しそうになるから」ってMCを短く切り上げてしまった。彼とは他のメンバーと違って帰る電車が一緒だからよく話すんやけど、僕より根暗で声が小さいくて高倉健並みに不器用なやつだなといつも思ってます。あの日うまく話せなかった、というより話さなかった気持ちはちょっと分かる。ライブのMCですごいポジティブな話ができる人の真似は僕にはできなくて。たぶんその人達は心の底からそう思ってるから前向きな発言ができるんやと思う。自分はやっぱりネガティブな部分の多い人間だからあんなMCは今はまだできないし、形だけで真似するのもなんだか納得がいかない。せっかく楽しい気分になってくれてるお客さんの事を考えるとそんな暗い話はしたくなかったと彼は言っていました。でも僕はそうは考えてなくて、そういう部分に共感してくれる人もやっぱりいるから全部ぶちまけてしまえばいいんじゃないかと。と言うより今いるお客さんはそんな部分も含めて自分たちのバンドを見てくれてると思ってます。

昔より人の目とか批判とかを過敏に気にするようになった。一人の人間として生きていく上で気にした方がいい事もある。でも本音をひた隠しにしているのもなんか違うなと思ったので今日はここに吐き出してやろうと30日に感じた事を思い切って纏めました。元はこういう人間です。

ネガティブだとか根暗だとかたくさん書いたけど暗い気持ちの記事じゃないよ。










今日の記事のタイトルは30日にやった曲の歌詞から抜粋しました。雄真が書いた詞だけど今一番しっくりくる。今後のピラモールと浅野に期待してて下さい。もっと良い景色を僕達で作っていけると本気で思っているから忘れてしまわないようにここに残しておきます。



ではまた。
[PR]



# by asano_sinnichi | 2015-08-01 05:52

25歳になりました

ご無沙汰しております

更新してないなとは思っていたけどまさかここまでとは...

twitterの便利さは身に染みてはいるけど、たまには140字に収まり切らないあれこれをここに残しておこうかと。















前身バンドのparablleが解散してからもう9ヶ月と少し経ちました。

正直な話バンド自体をもうやめようか
parablleが解散して東京に住んでいる意味はあるのか

そんな事ばかり考えてた

思えば僕はparablleでベースを始めて、上京する事になって、2年半前に神奈川に越してきてからはスタジオとバイトと練習の日々でした。実家を出て生活するのがこんなに大変だと思ってなかったし、バンドは何をするのにもお金が掛かる。スタジオ、機材、ライブ、レコ、音源。それでもやっぱり楽しい部分の方が多かったから続けてこられたんだけど。

上京してすぐはいろんな人に言われました。
「なんでアコギなの?」
「カホンよりドラムの方が良くない?」

僕らがあの編成だったのは単純に4人がアコースティックの路上あがりなのと、あれが楽しいと思ったからです。普通のバンドと違うってとこで悩む回数とかぶつかる壁は多かった。アコギはアンプを使ってみたり、カホンにピックアップを使ってみたり。他に同じ事をやってる人がいなくて正解が分からなかった。逆に言えば自分達が良いと思えればそれが正解だったし、バンドのキャラクターだとかポジションみたいなのも分かりやすかったのは良かったです。一目見れば''変なバンド''って印象も埋もれるバンドが多い都会の中で強い武器だったと思う。

言ってしまうと僕はparablleが終わってしまうなんて嫌で仕方なかった。まだまだ下手だったけど少しずつ纏まりが出てきて、知ってくれる人が増えて、聞いてくれる人が増えて、応援してくれる人が増えて。自惚れる訳じゃないけど企画はその集大成でした。あんなにたくさんの人に最後のライブを見てもらえるなんて思ってなかった。

上京して半年くらいは自分達目当てのお客さんなんてメンバーのバイト先の知り合い2.3人くらいで、もちろんひとりも見に来ない日もたくさんあった。ノルマの金額にヘコんで、帰ってライブのDVDを見てまたヘコんで。前にギターを弾いてた時の手癖が抜けてなくて乙でライブをする日はブッキングのゆうじろうさんにピッキングがベースの音を殺してると、毎回ダメ出しをされた。

それでも少しずついい企画に当ててもらったり、去年の日向文のレコ発ツアーの日はCDが60枚売れたり(うちのバンドは値段が安かったのもある)、その日シチューのキクチさんに「最後の2曲は良かった」ってツンデレな褒め方をしてもらったり。

辛辣な評価に良い意味で慣れてきてて。指摘された点を素直に受け入れて軌道修正した事も、じゃあこのやり方はどうですか!って自分達なりの考えでぶつかってみた事もあったけど、それに良い評価が付いたくるタイミングがあるなんて頭からすっかり忘れてて、バンドの音やベースの音やコーラスを褒めてもらえたときはかなり嬉しかった。

みかんと、ゆーやさんと、竹岡さんと、この3人以外の人とバンドを組むだとか、ましてやparablleが解散するなんてのはメンバー自身が一番考えてなかったと思う。















年末年始はこんなにいろんな事を考えることができたんだってぐらいたくさんの事を考えて、それを人に相談して、愚痴った。

で、すごく単純な答えが出ました。

僕はまだバンドがやりたいし、またあのステージに立ちたい。

これだけで十分。



そこからは早くバンドが組みたいばかりでいろんなバンドと話したりスタジオに入ったり声を掛けてもらったりして今に至ります。

ピラモールは去年の夏に一度parablleで対バンしていて、ボーカルの雄真の第一印象というか彼について覚えているのは背がとてもでかいなってのとその時履いていたジーンズの尻ポケットに穴が空いていて、そこから財布がはみ出している事ぐらいです。次の日会うまで同い年だなんて思ってなかったし。その日から加入までの経緯は 雄真のブログ にも書いてあるんだけどだいたいこんな感じかな。チャンチャンじゃねーよ。笑

同い年とバンドを、というよりはまともな形態のバンドすら組んだ事がなかった僕を正式なメンバーに加えてくれた雄真と秋好には感謝してます。最近のスタジオで曲を作ってるんだけど、雄真の書いてきた曲をみんなで合わせた時にparablleをやってた時にも感じた「この曲絶対良い!楽しい!」っていうどうしようもない感覚があってたまにひとりでにやにやしてます。この感覚はバンド以外で感じた事ないから困る。

ピラモールを初めて聞いた時に一番印象に残っていたのがHelplessという曲だったのでその曲の試聴リンクを貼っておきます。気に入った人はライブに遊びに来て下さい。


Helpless




そんなピラモールと最近仲良くしてるPlot Scrapsで年末の12/20土に共同企画をする事になりました。Wレコ発なので僕らも新譜を出します。詳細はまだ未定ですが年末に向けて少しずつ情報を発表していくのでチェックして下さいね。





いくつになっても文章がうまく纏まらないなぁ

先日とうとうアラサーの部類に足を踏み入れて、またひとつ歳だけ大人になってしまいました。25になっても変わらず付き合って下さる人は今後もよろしくお願いします。

では、おやすみなさい。














今日の一枚



Optimist / ピラモール

e0241436_2363020.jpg

[PR]



# by asano_sinnichi | 2014-09-19 02:57

サラバ、夏の日。



連日の35℃越えは参った

四季の中では夏が一番苦手です

こんばんは















_8/9

下北沢屋根裏でライブ。マヨナカ企画"おやすみ、ぼくのスピルカ。"
e0241436_3591338.jpg
渋滞にハマってリハに遅刻した上に屋根裏について搬入を済ませたら今度はオンボロ機材車のエンジンがかからなくなるというなんとも素晴らしいイベントの幕開け。すぐに保険屋にS.O.Sを出して、駆けつけてくれた整備の人の格好良さといったらもう掘られてもいいレベルで。一時は頭を過った「ついに廃車か!?」という不安も払拭されてなんとかバッテリー交換で済みました。セーフ。上の写真はとりあえず駐車場まで移動させようと、クソ暑い中下北沢で車を押しながら練り歩いた記念。坂がきつかった。

再三告知していた8月限定シングルも販売開始しました。新曲のイレイザーの片隅で、やっとライブでお披露目できた。格好良い曲なのでまだ買ってない人は8/25か8/29のライブで手に入れて下さいね。"finding you"という曲も一緒に入ってるんだけど、この曲は4月にちゃんとレコーディングスタジオで録ってエンジニアさんにミックスしてもらった音源なので音がかなり良いです。イントロのベースのエグさがちゃんと出てて嬉しい。この場を借りてですが、石川さん本当にありがとうございました。

なんと大阪からこの日の為にわざわざ来てくれたという謎の集団カルピス隊も八面六臂の活躍で、演者側にもかかわらず3ヶ月分くらいのカルピスを飲ませてもらいました。ごめんなさい。ごちそうさまです。風邪が治りかけでMC含め終止鼻水がずるずるだったけど対バンのみなさんも優しい方ばかりで楽しい日でした。主催のマヨナカはCD発売おめでとう。ゆーさん、まなっちゃん、カヨさんお疲れ様でした。僕は"君に借りたCDはぜんぜんすきじゃなかった"という曲が好きです。

この日マヨナカを見に来ていた大学生の3人組が話しかけてくれたんだけど、なんだかすっかり歳をとってしまったような気分になった。年々年下が増えていく感覚はなんとも言えないですね。すごくいい子たちで話をできて嬉しかった。またライブハウスで会いましょう。













_8/10

内田ユイさんの個展"プール"を見にThe Artcomplex Center of Tokyoに。
e0241436_21385322.jpg
この日はレセプションパーティーの日で、ユイさん特製のサングリアを飲みながらじっくり絵を見れた。ギャラリーに着くまではサングリアが何か分からなすぎたんだけど(名前もシャングリラだと思ってた)、その正体はソーダで割ったワインに果物を漬け込んだ飲み物で、果物の甘みで僕の苦手なワインの酸味が押さえられてて飲み易かった。旨し。

絵は今まで見た事があるものと、この個展のメインになるものと、あとインスタレーション。ユイさんの描く女の子はいつも哀しそうに笑う。

個展はもう終わってしまったけれど、ユイさんのサイトで今までの絵や4コマ漫画などが見れたりします。びだいせーのゆるい話はとってもかわいい。

Ms.insomnia















_8/13

theHIATUS "Horse Riding Tour 2013 Zepp Tokyo"を見に行ってきた。

細美武士が生で歌ってるのを見るのはこれが初めてで、夕方までバイトに全然身が入らなかったのが正直な話。熱狂的なファンという訳ではないけどかなり楽しみにしてたライブ。物販でツアーのTシャツとタオルを買って、開演待ちでドリンク交換して煙草吸ってる時がここ最近で一番テンション高かったと思う。本当に。

ライブは楽しむというより聞く方に専念させられた。陳腐な言葉にしかならないけどもう感動しっぱなしで。絶対盛り上がると思ってた"ペテルギウスの灯"、個人的に好きな"The Flare"と"Souls"が聞けた。歌も演奏も音響も照明も素晴らしくて、なんていうかこれ以上文字に書き出せない。

いつも思うんだけど好きなバンドの曲はライブで聞くともっと好きになるし、ライブに行く前と行った後では聞き方が変わる。

たぶん今年の夏の中でも1,2を争う良い日でした。















世間一般でいう所の盆休みというのが僕のバイト先にもあって、今日から日曜日までいつも以上にのんびり過ごしてやろうという心意気です。初日は思う存分寝て、たぶん最終日まで思う存分寝ると思う。

日本人は休みの日に寝てばかりだと「せっかくの休みなのにもったいない」と感じる人種らしくて、というか僕も昔はそう感じていたんだけれど。なんかの記事で外人さんの中には休日は休日らしく、出かけるのも、料理をするのも、部屋の掃除をするのも、ひたすら家でゆっくり過ごすも、どれもアリなんじゃない?という感じ方の人が多い、というのを見てからは休日を寝て過ごすのも正当化されてしまった。

夕方くらいに起きてハイエイタスの"THE AFTERGLOW TOUR 2012"のDVDを昨日の余韻に浸りながら惚けて見たのが今日のハイライト。お腹空いたしご飯でも食べよう。みなさんは有意義な盆休みを過ごして下さい。

それでは、また。



















今日の一枚

A World Of Pandemonium / the HIATUS
e0241436_342012.jpg

[PR]



# by asano_sinnichi | 2013-08-15 04:27

報告と告知と紹介とあなたの話






もう夜は夏の匂いがする
アイスが美味しい時期きたね



こんばんは














TwitterやHPでもお知らせしたんだけど
parablleは5/21の下北沢ReGのライブから
2nd DEMOを販売してます

それに併せてHPを更新
トップページやbio、2ndのジャケなど諸々変更


parablle Official Web Site


今回もスペシャルサンクスは
parablleの優秀なウェブデザイナー(?)いみくん、
ジャケットアートワーク担当は京都からとな、
そして写真の撮影はせすみん

それぞれ良い仕事してくれてる
ほんとうにありがとう










今後のライブも楽しみなものが多い

今週末の5/26は渋谷club乙で
金木和也×日向文のミニアルバムレコ発、相乗心中2013東京編

6/5は新宿Motionでぽわん企画、ぽわんの強制祝賀会

そして6/18は横浜club LizardでNAGAI企画、春よ来い



書き出してるだけでもかなりわくわくする

バンドマンにとって自分が好きなバンドとやれるっていうのは
最近気になるあの娘とふたりで飲みに行くぐらい、
まぁ楽しみなもんなんです










せっかくなので26日に出演するバンドを紹介するコーナーを
いまいきなりここに設けよう。順不同敬称略。










カタミチカラ


公式HP


カタミチカラ「オリオン」




実はこの日の詳細が出た時カタミチカラだけ
名前も曲も聞いた事なかった
で、HP飛んで曲聴いてみたらすごく良くて。

26日にCD買います










サノヒトミ(viridian)


公式HP


サノヒトミ「ちっぽけな愛のうた」




名古屋でviridianというバンドでボーカルをやっているサノさん
まだ岐阜に住んでいる頃、当時よく行っていたライブハウスで
バンドもソロの名前も何度も見かけてて
友達に猛プッシュされて、CDも借りて、iPodでたくさん聞いて
そんな人とやれるのがとても楽しみでもあり恐縮でもあります










ヨルニトケル


公式HP


ヨルニトケル「新宿に散る」




Suck a Stew Dry下手側ギター担当のフセさんが
ボーカルのバンド、ヨルニトケル。
フセさんは初めて話す時まで怖い人だと思っていました
実はこっそり面白い人で、誕生日が僕と1日違いで、
あと、ドSです。新宿に散るは名曲。










限りなく透明な果実


公式HP


YouTube動画が見つからなかった
可能性としては果実が動画をYouTubeに上げていないか、
僕のネットサーフィン能力に問題があるかのどちらかです

HPからmyspaceに飛べるよ

「限りなく透明な果実」ってバンド名、素晴らしく語呂が良い
初めて聞いた時から名前が頭を離れません
エミさんが好きって言ってて、気になって曲を探した覚えがある
ノアの箱舟という曲が好きで、この日聴けたらいいなと思ってます









MAGI SCENE


公式HP


MAGI SCENE「jargon」




"もしも君が心変わりをするのならば、僕の最期の日であれ。"
ライブは何度も見てます、MAGI SCENE。
圧倒的に歌が良いバンドだと思ってる
先日リリースされた石井さんのソロ音源も要チェックですよ










日向文


公式HP


日向文[ダラク]クロスフェード




"天使の歌声、悪魔の笑顔。"
歳相応とはとても思えない歌唱力と声、詞の世界観。
友達でもあり、ただのファンでもある
この日からミニアルバム「ダラク」がリリース、
今回のメインアクト。















こんな感じで非常に豪華

やー、ほんとに楽しみだな!

もちろん僕たちも良いライブをします

ちなみにこの日、parablleで取り置きしてもらうと特典として
フクモトエミさんデザインの缶バッジが付いてくる

取り置きはHPのメール、
Twitterの公式アカウントやメンバー各位への
DMリプライで受け付けてますよ















音楽なんてのはどんなにいい曲を作っても
それを聴いてくれる人がいないと意味がない

僕らは僕らなりにいいと思った曲を作って
それをCDにしてライブしてるから

ひとりでも多くの人が2ndを手にとって
聴いてくれると嬉しいな
もちろんこれはあなたがいいと思ってくれたらの話。










冷凍庫でチョコチップアイスが
僕を待ってるから今日はこの辺りで



それではおやすみなさい
[PR]



# by asano_sinnichi | 2013-05-23 04:10

卯月のこと




新年度も一ヶ月が過ぎていった

花見はできませんでした、どうもこんばんは。










_4/4


バイトが終わって急ぎ足で渋谷HOMEへ
ぽわんのレコ初ワンマンを見に行く

アルバム発売おめでとう
この日に発表だったけど6/5から全国のCDショップで
ぽわんのCDがお買い求めできるみたいです


グレート・ポワン・オンガク

e0241436_23534189.jpg

僕は彼女らの卑屈さや素直さが好きです
いつも楽しいMCは今回も世渡り上手女子をディスるところから
自分たちの胸のサイズを暴露するところまで
退屈しないワンマンだった 笑

YouTubeでも聞ける
バンドマンの彼に恋をしたお話
Kiss-My-Hoppe2
を含め友達だから、のひいき目じゃなく曲がいいなあと思った

6/5はそんなぽわんの全国発売記念イベントに
僕らparablleもお呼ばれしてます
題して「ぽわんの強制祝賀会」!

@新宿Motion
st18:00 前売り¥2000+1D
w/そこに鳴る/MUTENKA/篠山コウセイ(Suck a Stew Dry)
/ぽわん/parablle/(O.A)ザ・夜もヒッパラレ隊

なんとぽわんから振る舞い酒が出るらしい
さすが強制祝賀会だけあるね
篠山さんと対バンするのは初めてだし楽しみです



追伸、ドラムのマツコさんとの距離は
まだまだ縮められそうにありません





_4/7


渋谷乙で照明をやってくれてるちぃちゃんの誕生日企画、乙
e0241436_23504358.jpg

フライヤー、イカす

シガテラめっちゃ久しぶりだったけど格好良かったー
透明な雨は君の声に似ているという曲が好きです

SHELTERはすだっちが安定のイケメン

前に一度会った事のある子がフードをやってたんだけど
ホットドックが美味しかった

どうやら恒例らしい22コールも無事にこなしたちぃちゃんの
22歳が素晴らしいものになりますように、おめでとう

いい企画でした





_4/9


parablleレコでした

ちゃんとした形?でのレコは初めてで
緊張もしたけどなにより楽しかったです
音の質が違うねやっぱり

何の曲をレコーディングして
どんな形でみんなに届られるかはまだここには書けないけど
少なからず楽しみにしていてもらえると嬉しいです





_4/12


乙でライブでした
念願のSamsとの対バン

どういう訳かこのSamsというバンドとは
去年の9月に対バンしてから
ことごとくライブが被るという現象に見舞われ、
何かしらの黒幕の力を感じずにはいられない関係だったので


大阪のthe PARTYSというバンドが良かった





_4/13


Suck a Stew Dryツアーファイナルを見におうねすと

すだっち正式加入おめでとう
新体制のSuck a Stew Dryのこれからがとても楽しみです

これで読み方わかるでしょTシャツがなかなか買えません



秀吉さんとエミさんのコラボも良かった
e0241436_156122.jpg

エミさんの作品集とからっぽマン

そう、エミさん作品集おめでとうございます

ももちゃん14歳が可愛すぎて
最初の2,3回は真面目に見れなかった...

タイトルがすごく好きだなあ、と

ツイッターで見た時に思ったんだけど
中身もやっぱり好きでした

僕は人柄も含めてエミさんの作品が好きです


e0241436_1512325.jpg

秀吉さんエミさんと

カメラに向かって笑顔を作るのはあまり得意ではないです

秀吉さんめちゃくちゃ優しい人でした


















他にも書きたいことがたくさんあるんだけど
どうにも記憶が薄くなってきたのと
思い出すのがめんどくさくなってきたのでここらで終わりにします


その日に感じたことはその日にまとめるのが一番ですね



それではおやすみなさい















今日の一枚



アトノマツリ / 石井優也

e0241436_2121291.jpg

[PR]



# by asano_sinnichi | 2013-05-08 02:20

ベースを弾いています
by asano_shinichi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

歓びも悲しみも忘れてしまわぬ様に
at 2015-08-01 05:52
25歳になりました
at 2014-09-19 02:57
サラバ、夏の日。
at 2013-08-15 04:27
報告と告知と紹介とあなたの話
at 2013-05-23 04:10
卯月のこと
at 2013-05-08 02:20
首から上は春
at 2013-03-25 02:30
生活とは
at 2013-03-17 16:38
新年あけまして
at 2013-01-15 06:43
君に武器は似合わない
at 2012-11-26 10:11
エミネコ教
at 2012-10-14 04:04
ライブのこと、CDのこと、H..
at 2012-07-08 03:45
正しい休日の過ごし方
at 2012-03-03 20:12
上京編スタートって事で。
at 2012-02-20 00:52
居心地はどうだい
at 2012-01-15 11:13
今がまだ未来だった頃
at 2011-12-19 04:08
裏とオモテ
at 2011-12-15 06:58
午前3時は危険地帯
at 2011-12-06 05:23
静と動の世界
at 2011-12-03 05:54
あれがないこれがない
at 2011-11-25 05:38
エンドレス世界
at 2011-11-19 06:39

ライフログ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧